アメリカ旅行記
 Los Angeles | Las Vegas | White Sands | Monument Valley | Grand Canyon | Zion NP | Everglades NP | Mt.Rushmore | Niagara Falls etc...



スポンサーサイト はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking



--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告






Amtrak アメリカ一周旅行 (09) - New Orleans #2 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


New Orleans (ニューオーリンズ) で迎える最初の朝、7時頃起床してミシシッピ川のほとりを散歩。

ミシシッピ川

世界三大河川だけあって、やっぱこの川はデカい!
せっかくなので、無料のフェリーで対岸までクルージング♪

ミシシッピ川

対岸には何もないので同じフェリーに乗って戻ってきて、French Quarter へ。

フレンチ・クォーター

まずは French Quarter の中心に位置する、Jackson Square。
奥に見えるのは St. Louis Cathedral。

ジャクソン広場

外装は工事してたみたいだったけど、中に入れるようなので進入~。

セントルイス大聖堂

日本ではあまり身近にない大聖堂、いつ見ても神聖で綺麗。
現存する大聖堂では、アメリカ最古と言われているそう。

セントルイス大聖堂

そしてお次は、Jackson Square のすぐ側の Cafe Du Monde
観光客にも地元人にも絶大な人気を誇るこの Cafe、朝から大賑わい。

カフェ・デュ・モンド

Cafe Du Monde の定番メニュー、Beignet (ベニエ) とカフェ・オレ★

ベニエ & カフェ・オレ

出来たての Beignet は絶品!そんなに甘くなくて、3個くらいペロっといけちゃいます。
そうそう最近気付いたことなんだけど、実はこの店日本にもあります!
( → Cafe Du Monde / Japan
広島にも、パルコ本館の8階に!何度か入ったことがあるのに、全然気付かんやった…。

カフェ・デュ・モンド

Cafe の外ではストリートミュージシャンが演奏。
最高のシチュエーションに思わずまったり。お腹も満足。

さぁ、次の目的地へ。
といっても、これまたお隣の French Market。

フレンチマーケット

とはいっても、明らかに観光客目当ての店ばかり。
昔は青果市場として盛り上がっていたみたいですが…、残念。

フレンチマーケット

French Quarter とはいっても、家々はスペイン人によって建てられたみたいです。
アールデコ調の配色の家やクラシックな建物などが軒を連ねています。

フレンチ・クォーター

そのほとんどは、2階に通りに張り出したバルコニーを持っていて、これらが New Orleans を象徴する French Quarter の街並みをいい感じに作り出してますね。

フレンチ・クォーター

この建物とストリートミュージシャン、まさに New Orleans♪

ストリートミュージシャン

Jazz 発祥の地、New Orleans にして最も質の良い Jazz が聴けるという噂の Preservation Hall
昔は毎日オープンしていたみたいですが、ハリケーン・カトリーナ以降は週末しか演奏が行われないそう。
この日は月曜日。ん~、残念ながら今回は無理っぽい…。

プリザベーション・ホール

これが French Quarter の中心を走る、かの有名な Bourbon Street。
歩行者天国であるこの道沿いにクラブやバーが建ち並び、夜は大賑わい。
夜の楽しみは明日にとっておくとして…。

バーボン・ストリート

今日は昼の街をエンジョイ!
ぶらぶら歩いてると、たまたま見つけたレコード店、Louisiana Music Factory
入ってみると、もの凄い数の New Orleans 音楽のCD、レコード!
Dr.John から Meters, Galactic, 日本人ながら New Orleans で活躍する June Yamagishi こと、山岸潤史の所属する Papa Grows Funk など日本ではお目にかかれないアルバムまで!
いや~、一時期 New Orleans 音楽ばかり聴いてたので、一気にテンションが上昇!

ルイジアナミュージックファクトリー

お土産に Papa Grows FunkNew Orleans Jazz & Heritage Festival のライブ版(もちろん、店頭に置いてるのはココだけ!)を購入して、そのままのテンションで Oyster Bar へ。

アクメオイスターハウス

ここ Acme Oyster House は創業100年近くの Oyster Bar の代名詞的存在。
生がきはオーダーしてから殻を開けてくれます。

オイスターバー

もちろん、カウンターに座って地ビールと共に半ダースをオーダー。
生がきは、レモン、カクテルソース、西洋わさびで食べるのが一般的みたい。

オイスター & 地ビール

かきは身が超デカくて、新鮮で臭みがなく、超ウマいっ!
広島の生がきとタメをはるくらいの身の大きさ、ウマさ!最高っ♪

生牡蠣

カウンターのゴツい店員に「このかきマジうまい!」と絶賛してたら、調子に乗って3つもサービスが!
このデカさで9つはちときついが、完食!

オイスターバー

ほろ酔いでフラフラしながら街を歩いてると、日も暮れてきたせいか、街中の至るところで音楽が。

ライブ

みんなそれぞれ個性的な楽器を持って楽しそうに演奏。

Street Musician

このおっさんは "上を向いて歩こう" を1コーラス演奏して、片言の日本語で「ワカリマスカ?」って言ってた(笑)

ストリートミュージシャン

色々な文化が融合してできた、音楽と食の街 New Orleans。
まだ帰りたくないので、予定を変更してあと丸一日滞在しまーす!

◆ スケジュール
5.14 (Mon) - Day 13
 08:00 Riverside, Ferry
 10:00 French Quarter
 12:30 Music Factory
 14:30 Oyster Bar
 17:30 Hostel 到着



スポンサーサイト
▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:アメリカ
2007⁄08⁄25 18:30 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






Amtrak アメリカ一周旅行 (08) - New Orleans #1 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


ついに、念願の New Orleans (ニューオーリンズ) に到着!
と同時に、Sunset Limited 号の路線を制覇!

サンセットリミテッド号/アムトラック

到着は夕方。魅力的な街、とは言ってもアメリカで治安の悪さ1、2を争うといわれている都市。
早く Hostel にチェックインしなければ…、とストリートカー乗り場まで急ぐ。

アムトラック駅/ニューオーリンズ

New Orleans の中心地である French Quarter まですぐの場所のはずなのに、ものすごく危険な香り…。
しかも電車来ず…。もしかして日曜は走ってないとか?

ニューオーリンズ ダウンタウン

不安に駆られながら、ストリートカー沿いを Hostel 方面に早歩き。
ちと遠そうだけど、おかまいなし。安全第一。
とそこに、逆方向からストリートカーが!
ほっと一安心して、目的地方向の電車を待ち、何とか乗車。

ストリートカー

停留所から India House という Hostel は目と鼻の先。到着してほっと一安心。
チェックイン時、やけにテンションの高いアメリカ人、David と出会う。
Florida から着たらしい彼、とにかく Awesome (最高!) の連発。
確かにこの Hostel 雰囲気は最高!
その David に夕食に誘われたので、近くのレストランまで一緒に食事に行くことに。

この Mandina's Restaurant、地元のお客さんたちで賑わうニューオーリンズの伝統料理のレストラン。
思いもよらず、いきなりクレオール料理とご対面♪
しかも、壁にはかの有名な New Orleans Jazz Festival の代々のポスターが!

Mandina's Restaurant

とりあえず、お決まりの Gumbo (ガンボ)。確かオクラの Gumbo だったかな!?

ガンボ

そして Shrimp Creole (シュリンプ・クレオール)。エビをちょっと酸味の利いたソースでからめたもの。

シュリンプ・クレオール

両方ウマイ!!思ったよりクセもなく、食べやすい!
David と共に大喜び(笑)

David

最後のシメは Bread Pudding (パンプディング)。
ラムか何かのリキュールが利いてて、超美味!

パンプディング

超満腹になってチェック後に店を出ようとすると、店のマネージャーが話し掛けてきて、少し立ち話。
彼からカトリーナのリアルな話を聞くこともできたし、被災時の貴重な写真も見せてもらった。
このエリアは洪水の被害がひどかったらしく、レストランの柱や周辺の建物の壁にハリケーンの爪痕が。
自然の偉大な力を改めて痛感。

ハリケーン・カトリーナ

その後、帰り際の老夫婦に日本語で話し掛けられ、ビックリ!
しかも完璧な日本語!なんでもご主人はあの坂本龍一と時々仕事を一緒にやっているそう。そんな凄い人にこんなトコで出会うなんて!

最後に、マネージャからお酒を一杯ご馳走になり、David と飲みながら帰宅。
このレストランで出会った人々、Hostel の従業員たちと話していると、心の温かさと同時に魂の深みというか、人間の心の一番熱い部分を感じることができる。
やっぱここ New Orleans は最高やね。

◆ スケジュール
5.13 (Sun) - Day 12
 18:00 New Orleans 到着
 19:00 Hostel チェックイン
 20:00 Mandina's Restaurant



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:グルメ♪食の記録
2007⁄08⁄16 23:38 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






Amtrak アメリカ一周旅行 (07) - Houston #2 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


この日は早起きして、Hostel 近くの Hermann Park を散歩することに。
Hostel の近くといっても、この公園は Houston でも指折りの有名なスポット。
天気もいいし、ゴキゲンで出発!

ハーマンパーク

こーゆー噴水いいね!いかにもアメリカ!?

噴水

そして Hermann Park の中央に立つ、Sam Houston の像。
Houston の英雄です。もちろん、この都市の名前の由来となる人物。

サム・ヒューストン

その Sam Houston 像の真下から公園を眺めると、本っ当に広い…。

Hermann Park

公園内にはちっちゃい鉄道が走ってるし、ゴルフコース、植物園、動物園だってあります。

ハーマンパーク

動物園の中に入らなくたって、ここはもう動物園状態。
野生のカメだっているし、

カメ

変な鳥だっている。

鳥1

もっと変な鳥もいます…。

鳥2

何はともあれ、ここは誰もが楽しめる市民の憩いの場という感じですね。

Hermann Park

そしてお決まりのオベリスク。

パイオニア・モニュメント・オベリスク

ぐる~っと広い公園を一周し、Hermann Park 名物の一つ、Japanese Garden へ。

日本庭園

久しぶりに見た日本らしき情景。
ん~、青すぎる空を除けば日本っぽいかな!?
いやぁ、風情がありますな。

日本庭園

ここ Houston は千葉市と姉妹都市。
写真の雪見灯篭は千葉市から寄贈されたものだそうです。

雪見灯篭

Japanese Garden を満喫したところで、お次はこの旅初の美術館。
METRORail の Museum District という駅の近くというだけあって、現代美術館や昨日行った彫刻庭園などがここに集中しているみたいです。

こじんまりとした現代美術館で Houston の若者達のアートワークを見物した後、MFA (Museum of Fine Arts, Houston) へ。
美術館の名前を刻んであるこの壁のアートもなかなか。

ミュージアム・オブ・ファイン・アーツ

この美術館は一部の作品を除いて撮影禁止。
残念ながら写真では伝えれませんが、この美術館、ほぼ全世界のアートを網羅。古代アートや現代美術など幅広く、全然飽きないし建物の綺麗。
特に2つの館を繋ぐ、トンネルに施されたアート、中を通ると幻想に包まれているような感覚に。

Museum of Fine Arts, Houston

その後、この日のメインイベント Art Car Parade を見るためにダウンタウンへ。
イベントは既に始まっていて、会場は大盛り上がり。

ヒューストン アートカーパレード

こいつらは笑えた!

バナナ原チャリ軍団

謎のバナナ原チャリ軍団!

バナナ原チャリ軍団

いやぁ、アメリカ人の恥じらいのなさ、やることのスケールのでかさ、そしてセンスのなさには脱帽…。

Art Car Parade

中にはお見事!って感じの手の込んだ車も。

ヒューストン アートカーパレード

俺的グランプリはこれ!ビートルを逆さにしてもう一台のビートルに乗っけてるだけだけど、これをやってのけるのが凄い!
ちなみに、上の車にも人が乗ってます。

Art Car Parade

このイベント、George Clinton が参加するってチラシに書いてあったので期待してたけど、パレードの車の横を逆走して通過しただけで、パフォーマンスは見れず。てか、来るのがちと遅かったかな!?

パレードが終わってた後は、明日の出発に備えて買出し。そして Hostel に向かう。
この日は Hostel にいたオーストラリア人と仲良くなり、遅くまで談笑。
彼も旅好きでアメリカを周った後にカナダで働くらしい。
以前は日本にもいたらしく、最近渦中の英会話学校で働いてたみたい。

また再会できることを祈って就寝、とはいっても翌朝 4:30 起きだからね、仮眠程度。
時間通り起きてチェックアウト後、Amtrak の駅に向かう。
METRORail は辛うじて走っていました。

メトロレイル

朝とは言え、まだ真っ暗。しかも日曜の早朝なもんで、酔っ払いやホームレスがいっぱい。
ちと怪しい雰囲気やね…。

ヒューストン ダウンタウン

何とか駅に到着したものの、列車はいつも通りの遅れ。
この日は1時間半。まぁまぁかな!?

サンセットリミテッド号/アムトラック

さて、お次はこの旅で一番心待ちにしていた New Orleans!
そして Sunset Limited 号の現時点での終点!
(New Orleans, Orland 間はハリケーン・カトリーナの影響で無期運休中なので。)
楽しみっ♪

◆ スケジュール
5.12 (Sat) - Day 11
 09:30 Hermann Park
 10:45 Contemporary Art Museum
 11:30 Museum of Fine Arts, Houston
 13:30 Art Car Parade
 17:30 Hostel 到着
5.13 (Sun) - Day 12
 05:00 Hostel チェックアウト
 07:50 Houston 出発



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:アメリカ
2007⁄08⁄09 22:48 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






| HOME | next >>



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


月別アーカイブ


アメリカ旅行記タグ

ロス(#2)Gate(#1)Francisco(#3)カート・コバーン(#1)ジミヘン(#1)Food(#1)絶景(#1)Kurt(#1)Colorado(#4)グランドサークル(#5)San(#3)アメリカ(#48)マウントラシュモア(#1)Elvis(#1)Motown(#1)Noguchi(#1)Seattle(#1)Vegas(#4)滝(#1)名物(#1)america(#35)ハイト・アシュベリー(#1)Museum(#1)クリーブランド(#1)ラシュモア山(#1)シカゴ(#3)travel(#1)自然(#1)世界遺産(#2)Bridge(#1)カリフォルニア(#3)Grand(#1)デンバー(#4)コーチェラ(#1)ラピッドシティ(#1)Jimi(#1)York(#2)アムトラック(#23)国際連合(#1)New(#2)国立公園(#7)Memphis(#1)Chicago(#3)五大湖(#1)ピザ(#1)フィッシャーマンズワーフ(#1)アルカトラズ(#1)Golden(#1)サンフランシスコ(#3)museum(#1)ラスベガス(#1)Zion(#1)国定公園(#1)野外フェス(#1)プレスリー(#1)峡谷(#1)国連(#1)Las(#4)California(#3)Denver(#4)ヒッピー(#1)Rapid(#1)Falls(#1)Park(#1)Hendrix(#1)シアトル(#1)LebRon(#1)グレースランド(#1)Blues(#1)メンフィス(#1)北米(#38)Haight(#1)Detroit(#1)夜景(#1)Pizza(#1)イサム・ノグチ(#1)amtrak(#25)一人旅(#22)Castro(#1)公園(#1)アート(#1)テネシー(#1)America(#6)カストロ(#1)Cobain(#1)レストラン(#1)Presley(#1)旅行記(#40)Mt.Rushmore(#1)Cleveland(#1)Yosemite(#1)ロッキー(#1)美術館(#2)ザイオン(#1)ロサンゼルス(#3)博物館(#1)LA(#2)Alcatraz(#1)音楽(#1)レブロン(#1)Niagara(#1)ヨセミテ(#1)coachella(#1)Isamu(#1)Los(#3)フェス(#1)Fisherman's(#1)Rocky(#1)エルヴィス(#1)レンタカー(#1)旅(#36)観光(#1)カナダ(#1)グランド・キャニオン(#1)Circle(#1)Rock(#1)City(#1)コロラド(#4)ナイアガラ(#1)Ashbury(#1)グラウンド・ゼロ(#1)料理(#1)列車の旅(#22)殿堂(#1)Restaurant(#1)NYC(#2)ロック(#1)Canada(#1)Graceland(#1)ゴールデンゲートブリッジ(#1)Angeles(#3)music(#1)デトロイト(#1)ブルース(#1)旅行(#42)Wharf(#1)ニューヨーク(#2)モータウン(#1)

アクセスランキング

ブログ検索


FC2ブログジャンキー
▲ブログを見るだけでポイントGET!
ポイントを使ってアクセスUP!


無料blog

アフィリエイト・SEO対策

カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク




ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア




■旅先写真館


■旅行記




Copyright © 2007 アメリカ旅行記. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。