FC2ブログ
アメリカ旅行記
 Los Angeles | Las Vegas | White Sands | Monument Valley | Grand Canyon | Zion NP | Everglades NP | Mt.Rushmore | Niagara Falls etc...



Amtrak アメリカ一周旅行 (12) - Washington, DC #2 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


この日は美術館・博物館巡り。
まずは、International Spy Museum という、"スパイ"に関する博物館。
ここはスミソニアン協会の博物館ではないので、入場料は$16とちと高め。

国際スパイ博物館

でも、それだけの価値はあります、この博物館。
鍵のピッキングや盗聴についてのVTR、身の回りの道具に扮した小型の銃、カメラ、盗聴器などがかなりリアルな展示品の数々。
かなり見ごたえアリ!

次に向かったのは、National Museum of Natural History

国立自然史博物館

ここは地球上に存在する生物、鉱物、古代生物の化石など幅広い展示品が陳列されている。
ちなみに、スミソニアン協会のご好意により入場料は無料♪

National Museum of Natural History

無料と入っても博物館のスケールは半端ないね!
ゆっくり見てたんでは全部周りきれないので、興味のあるものだけじっくり観賞。

このおじさんは恐竜の化石を削る作業をしてました。

国立自然史博物館

恐竜の展示ホールにはトリケラトプスやティラノザウルスの骨格が。
やっぱデカいね。

トリケラトプス

本日の博物館巡りのトリは、National Gallery of Art という巨大な美術館。

ナショナルギャラリー(国立絵画館)

スミソニアン協会の管理する美術館ではないけど、ここも入場料はタダ(笑)!
けどここも素晴らしい美術館で、建物もギリシャ神殿風でゆったりと落ち着いて楽しめます。

National Gallery of Art

この美術館の目玉、Leonardo Da Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ)作、『Ginevra de' Benci(ジネブラ・デ・ベンチの肖像)』
これはアメリカで唯一所蔵の Da Vinci の作品だそう。
素晴らしい!

ジネブラ・デ・ベンチの肖像/レオナルド・ダ・ヴィンチ

その他、ゴッホやモネの作品も多数あり、大満足。
とはいっても、やはり全部ゆっくり観賞する時間がなく、閉館時間に追い出されしぶしぶ美術館を後に。

さて、美術館・博物館は全部閉館してしまったので、中心部から少し離れたところにある Georgetown に行くことに。
バスを乗り継いで最初に到着したのは、アメリカでも有数の名門大学、Georgetown University

ジョージタウン大学

Bill Clinton 元大統領や、NBA の "The Answer" こと Allen IversonPatrick Ewing なども輩出した文武両道の名門校。
AI が Georgetown のユニフォームを着てプレイしてたのを思い出しましたね~。
数試合しか見てないけど、あの頃から超人的なプレイを見せてました。

この日は卒業式か何かで、かの有名なアメリカの卒業衣装が見れました。
ラッキー♪てか、みんな賢そう…。

Georgetown University

大学を一通り見たあとは、小腹が空いたので Georgetown の街を観光しながらレストランを探す。
てかこの街、かなり雰囲気いいです。
学生街ということで、どことなく UCLA のある Westwood に似てるような。

ジョージタウン

知らない土地でのレストラン探しは困難を極めるね…。
情報もないし、土地感もないので。
ということで、いつも通り客の入っているレストランをターゲットに。
そして見つけたのがここ、Clyde's というちょいと高級そうなレストラン。

Clyde's

オーダーしたのは、DC名物と言われている Crab Cake 。
いわゆるカニのハンバーグみたいなもの。

クラブケーキ

この Crab Cake、半端なくウマかった!
カニの旨みを生かした味付けが絶妙♪

Crab Cake

今んトコ、食に関しては食べたいものは全部食べれてて、かなりいい感じ♪
そのなかでも、この Crab Cake はヤバかったね。

さて、目的も達成したし、Hostel に帰るとします。


◆ スケジュール
5.18 (Fri) - Day 17
 12:00 International Spy Museum
 13:30 National Museum of Natural History
 15:00 National Gallery of Art
 19:00 Georgetown
 22:00 Hostel 到着



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:旅行記
2007⁄09⁄09 17:34 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






Amtrak アメリカ一周旅行 (11) - Washington, DC #1 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


Sunset Limited 号がハリケーン・カトリーナの影響で、New Orleans - Orlando 間が未だに不通。
ということで、かなり遠回りになるけど Florida (フロリダ) に向かう前にこの大国の首都、Washington, DC (ワシントンDC) へ。

この旅行一番の長距離乗車で、約28時間。
到着した Amtrak の Union Station は今まで下車した駅とは違って、巨大で壮麗な建物。

ユニオンステーション/ワシントンDC

スミソニアン協会の管理する世界最大の博物館群を有する Washington, DC。
その博物館のほとんどは入場料がタダ!

けど、次の2日間の天気が崩れそうだったので、この日は外を中心に観光。
まずは、お馴染み White House

ホワイトハウス

昔は見学できてたみたいだけど、9.11 のテロ以降は見学ツアーが中止。
なんでほとんど見えません。遠すぎて…。

お次は Lincoln Memorial
いやぁ観光シーズンとかぶったみたいで、もの凄い人の数。

リンカーン記念館

このギリシャ神殿のような建物に堂々と居座るのが、第16代大統領の Abraham Lincoln 。

リンカーン記念館

Lincoln の視線の先には、恐らく誰もが見たことのあるこの風景。

リフレクティング・プール

そう、映画 "Forrest Gump" で Gump と Jenny が感動的な再会を果たす場面。

▼このトレーラーで丁度真ん中くらいのシーンです。


Franklin Delano Roosevelt Memorial には第32代大統領の Franklin D. Roosevelt が。

フランクリン・D・ルーズベルト記念公園

更に Jefferson Memorial には

ジェファソン記念館

第3代の Thomas Jefferson 。
アメリカの歴史を築いた歴代の大統領が集結しています。

ジェファソン記念館

歴代の大統領を拝んだ後は、Washington, DC の中心に聳え立つ Washington Monument を目指す。

ワシントン記念塔

石造記念物としては世界一の高さ(約170m)を誇るこの記念塔。
西日と塔を取り囲む星条旗がいい雰囲気を出してましたね~。

ワシントン記念塔

1ブロックが異常にデカいこの街、中心部 National Mall (モール) の一番端の Lincoln Memorial から U.S. Capitol (国会議事堂) まではかなりの距離。
それでもバカでかくて綺麗で趣きのある建物を眺めながら歩くと、結構イケるもんやね。

ナショナルギャラリー

そしてようやく到着した Capitol

国会議事堂

白亜のはずの建物が夕日に朱く染まって、かなり神秘的。
いや~綺麗だね。

国会議事堂

そして DC の空はいよいよ暮れはじめる。

ワシントン記念塔

最後にもういちど Washington Monument を見て、Hostel に帰ることに。

Washington Monument

いやぁ、こんな大国の首都なのにこんなにゆったりと過ごせるとはね。
東京とは大違い。
このスケールの大きさはアメリカだからできるのかもしれないけど。
とにかく、今日は確実に10km以上歩きました。
スケールがデカすぎるだけに…。

◆ スケジュール
5.17 (Thu) - Day 16
 11:10 Washington, DC 到着
 13:00 Hostel チェックイン
 15:30 National Mall エリア
 21:00 Hostel 到着



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:旅の思い出
2007⁄09⁄05 21:05 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






Amtrak アメリカ一周旅行 (10) - New Orleans #3 はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


この日は夜の French Quarter がメインなので、わりと朝はゆっくりめに起きて、まずはストリートカーを見に。
French Quarter のすぐ側まで通っている St.Charles St. を走る St. Charles Street Car、『 A Street Car Named Desire (欲望という名の電車) 』という映画に出てくるそうです。

セント・チャールズ・ストリートカー

一目見て満足、French Quarter でランチ。
道中、こんな楽器を持ったストリートミュージシャンがいました。
日本でこんなの持って演ってるやつ、見たことね~。

ストリートミュージシャン

ここが今日のターゲット、Gumbo Shop
創業200年の歴史を持つ、由緒正しきクレオール料理のレストラン。

ガンボショップ

まぁ Gumbo Shop なだけに、Gumbo は当然オーダー。

ガンボ

うん、美味かった!けど、どんな味か忘れた…。
というのも、一緒にオーダーしたこいつがありえんくらい美味かったんです!

ポーボーイ

『Blackened Catfish PO-BOY』!!
PO-BOY というのは New Orleans の伝統料理の一つで、フランスパンを使った海鮮サンドウィッチのこと。
Blackened Catfish とは、まぁナマズの黒焼きです。
この Catfish の表面が香ばしく焼き上げられていて、スパイスも絶妙!
トマトとピクルスとの相性も抜群!!
これはマジでオススメです!

お腹一杯、幸せ気分で今度は水族館へ。
ミシシッピ川のほとりにあるこの Audubon Aquarium of the Americas

オーデュボン・アメリカ水族館

アマゾンの熱帯雨林やカリブ海を再現したコーナーがあり、そこそこ楽しめます。
ペンギンもいますし。

ペンギン

一番珍しかったのが、この白いワニ。
いや~、こういう種のワニなんですかねぇ。

ワニ

水族館を後にしてブラブラ歩いてると、なにやらナイスな看板発見!

ニューオーリンズジャズ

中に入ってみると、ここでもライブ。
いやぁ、いい街だね。ホント。

ニューオーリンズジャズ

数多くのストリートミュージシャンの中でも一番だったのが、この黒人女性のデュオ。
スタンダードナンバーを多く演ってたけど、ギターはオリジナル感たっぷりで、ボーカルもかなりの腕前。
結局最初っから最後まで聴いてしまいました。あまりに良すぎて…。

ストリートミュージシャン

そんな感じで音の鳴る方、目に付くものに引かれてフラフラ過ごしました。
そして夕食!
食ってばっかりいる気がするけど、そんなことはお構いなしに Bourbon St. 沿いのレストラン Remoulade に IN !

ここでは、Jambalaya, Crawfish Pie, Gumbo のセットをオーダー。
ここの Gumbo は最高!Gumbo Shop のよりスパイシーで美味かった!

ガンボ

Jambalaya は普通。てか、Jambalaya って New Orleans を代表する料理なんです、実は。
Crawfish Pie も普通かな。Crawfish = ザリガニ です…。
New Orleans では Crawfish を茹でてそのまま食べたりしてました。
さすがにパイじゃ味があんま分かんなかったので、次回はこれにチャレンジ!

ジャンバラヤ & クローフィッシュパイ

いよいよ、待ちに待った夜の French Quarter

フレンチクォーター

街並みもいい感じになってきました♪

French Quarter

Bourbon St. には数多くのクラブがあり、そのほとんどで生演奏がされています。
しかもカバーチャージなしっ!
更に California 州と違って、ここ Louisiana 州ではプラスチックの容器ならアルコールを持ち歩いてもOK。
という訳で、ナイスな音楽を求めてカップ片手に夜の街を満喫!

バーボンストリート

あるクラブでは Jazz, 他のクラブでは Soul, 隣に入れば Blues と、様々な文化が混ざった New Orleans を象徴するように、音楽もまた色々。

Bourbon St.

結局10数件のクラブに出入りして、クタクタになったので帰ることに。
ここ New Orleans は治安も最悪だしね…。

バーボンストリート

いやぁ、予想以上に良かった!夜の French Quarter
次に来るときは、もうちょっとゆっくりしたいかな?
てか、Mardi Gras のときに来たいね!とか考えながら帰路に着く。

ストリートカー/ニューオーリンズ

New Orleans 最後の夜を堪能して、次の日の早朝の出発に向けて就寝。
6時前起きだったのであまり眠れなかったけど、まぁ長旅になるからいいか。
次の目的地は、Washington, DC。
AmtrakCrescent 号に乗って出発!

クレセント号/アムトラック

◆ スケジュール
5.15 (Tue) - Day 14
 12:00 Gumbo Shop
 13:00 Audubon Aquarium of the Americas
 16:00 French Quarter
 22:30 Hostel 到着

5.16 (Wed) - Day 15
 05:45 Hostel チェックアウト
 07:20 New Orleans, LA 出発



▼ アメリカ旅行記を他のブログで検索 ▼
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気blogランキング FC2 BLOG Ranking


ジャンル:旅行 テーマ:一人旅
2007⁄09⁄01 10:58 カテゴリー:Amtrakの旅 comment(0) trackback(0)






<< back | HOME |



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


月別アーカイブ


アメリカ旅行記タグ

Las(#4)New(#2)カート・コバーン(#1)america(#35)Motown(#1)LA(#2)国際連合(#1)Kurt(#1)Mt.Rushmore(#1)Cleveland(#1)ラピッドシティ(#1)ジミヘン(#1)アート(#1)夜景(#1)ヨセミテ(#1)一人旅(#22)Blues(#1)旅行記(#40)マウントラシュモア(#1)世界遺産(#2)クリーブランド(#1)coachella(#1)サンフランシスコ(#3)イサム・ノグチ(#1)レストラン(#1)名物(#1)Food(#1)Fisherman's(#1)Seattle(#1)Castro(#1)シアトル(#1)ラシュモア山(#1)国連(#1)Denver(#4)Isamu(#1)Presley(#1)Park(#1)メンフィス(#1)Wharf(#1)Vegas(#4)デンバー(#4)カリフォルニア(#3)旅(#36)峡谷(#1)Circle(#1)amtrak(#25)カストロ(#1)California(#3)殿堂(#1)Bridge(#1)音楽(#1)レブロン(#1)Restaurant(#1)ザイオン(#1)Zion(#1)野外フェス(#1)ハイト・アシュベリー(#1)グラウンド・ゼロ(#1)travel(#1)museum(#1)Yosemite(#1)博物館(#1)美術館(#2)Memphis(#1)滝(#1)Canada(#1)テネシー(#1)コーチェラ(#1)Hendrix(#1)LebRon(#1)五大湖(#1)プレスリー(#1)Elvis(#1)Grand(#1)国立公園(#7)Colorado(#4)Graceland(#1)Rapid(#1)デトロイト(#1)ロサンゼルス(#3)Gate(#1)Niagara(#1)自然(#1)ナイアガラ(#1)コロラド(#4)Museum(#1)ロッキー(#1)Rock(#1)モータウン(#1)ロック(#1)ニューヨーク(#2)City(#1)フィッシャーマンズワーフ(#1)ロス(#2)Los(#3)アメリカ(#48)ヒッピー(#1)カナダ(#1)York(#2)レンタカー(#1)列車の旅(#22)Falls(#1)Ashbury(#1)シカゴ(#3)アムトラック(#23)北米(#38)Francisco(#3)Chicago(#3)絶景(#1)ゴールデンゲートブリッジ(#1)グランド・キャニオン(#1)ラスベガス(#1)観光(#1)料理(#1)America(#6)Cobain(#1)Haight(#1)フェス(#1)Alcatraz(#1)NYC(#2)Jimi(#1)グレースランド(#1)Rocky(#1)国定公園(#1)Golden(#1)ピザ(#1)アルカトラズ(#1)グランドサークル(#5)ブルース(#1)公園(#1)Noguchi(#1)music(#1)Angeles(#3)Pizza(#1)Detroit(#1)San(#3)エルヴィス(#1)旅行(#42)

アクセスランキング

ブログ検索


FC2ブログジャンキー
▲ブログを見るだけでポイントGET!
ポイントを使ってアクセスUP!


無料blog

アフィリエイト・SEO対策

カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク




ブログ内検索


RSSフィード


フリーエリア




■旅先写真館


■旅行記




Copyright © 2007 アメリカ旅行記. All Rights Reserved.